工場の派遣社員で働くメリット!派遣会社と自分に合った案件を探せる

派遣会社なら日払いや週払いで給料を支給してくれる可能性がある

工場の求人は、工場が直接募集している場合と工場と契約している派遣会社が募集しているケースがあります。では、あえて派遣会社と契約し、派遣社員として工場で働くメリットとしてはどのようなものが挙げられるでしょうか。まず、給料の支給方法がいくつかあり、自分が望む支給方法を採用している会社を選べるということがあります。たとえば、工場と直接契約した場合であれば、給料は正規雇用者と同じく、毎月一回支払われることになりますが、派遣会社だと週払いや日払いで払ってくれるところもあり、すぐにでもお金が欲しい人ならこちらを選んだ方がいいのです。

工場で働く前に、派遣会社というワンクッションがあるので、「どういった作業は苦手なのか」といったネガティブな情報を伝えやすく、自分に合った職場を見つけやすいというメリットもあります。工場が募集している求人に応募すれば、当然、働く場所はその工場しかありませんが、派遣会社であれば、自分の要望を伝えることで合っている工場を見つけてくれるわけです。また、工場の上司と折り合いが悪く、配置転換を希望する際もその上司ではなく、派遣会社の人にお願いすればいいので、その点で非常に楽だといえます。

工場独自のレクリエーション行事などに参加せずに済む

工場内で孤立しにくいというのもメリットです。というのは、派遣会社は同時期に数十人の人間を雇って工場に送り込むことがあり、その際、一緒に工場を見学することによって皆が顔見知りになるからです。工場に直接雇用された場合、部署に新しく入った人間は自分だけといったことになりやすく、正規雇用者たちと打ち解けられるまでは食事を一人で取ったり、休憩時間も一人でいたりということになりかねませんが、派遣会社に雇用された場合は、最初から同じ条件で働いている人たちと過ごせるでしょう。

工場の独自の予定に巻き込まれずに済むのも人によってはメリットがあることです。たとえば、工場では雇用者向けのレクリエーション行事がたまにあり、直接雇用者は基本的に参加しなければなりません。また、工場の操業が終わったあと、社員などが残って話し合いのようなものを行うということもあります。しかし、派遣会社経由で働いている場合は、こういった行事に参加する必要はなく、また誘われることもありません。工場の人間ではなく、派遣会社の人間という立ち位置だからです。したがって、工場での仕事が終わったらすぐに帰りたい、あるいは人とあまりコミュニケーションを取りたくない人は派遣会社を通じて働いた方がいいというわけです。