工場の派遣社員で働くデメリット!正社員と比べると条件が見劣りすることも

直接雇用ではないためボーナスや各種手当の支給が無い工場も多い

工場で派遣社員として働く場合には、正社員と比べて採用基準が緩く、未経験者でも雇ってもらえることがありますが、直接雇用ではないという理由でボーナスや各種手当の支給を受けられないこともあります。特に、年功序列や終身雇用などのシステムを採用している昔ながらの工場においては、派遣社員の給料が低く抑えられる傾向が見られます。そうした中、同じ勤務先で長くキャリアを積みたい人は、派遣会社の担当者と相談しながら、満足のいく待遇で働ける工場を探すことがおすすめです。

大手企業の工場の中には、派遣社員のモチベーションを高めるために、実力主義の評価制度を新たに導入するところもあるため、余裕を持って複数の工場の条件を比較することが肝心です。たとえば、自動車や電子部品、機械類などを扱う工場での勤務経験が豊富な人については、派遣社員として働く場合でも基本給が高く設定されたり、一定のキャリアを積んだ後に正社員に登用されたりすることもあります。なお、工場の派遣社員の働き方について詳しく知っておきたい時は、求職中に製造業界の優良企業が集まる就職フェアに参加をしたり、各地の評判が良い工場に長く勤めている人の体験談を聞いたりするのも良いでしょう。

業務に関係がある資格を持っている人は採用時に優遇されやすい

派遣社員として工場に就職をして安定収入を目指した場合には、機械や電気、化学などの専門性の高い資格を持つ社員を優遇しているところを勤務先に選ぶことがポイントです。優秀な社員の採用に積極的な工場においては、業務に関係がある資格を持っている人を高待遇で迎え入れているところもたくさんあるため、早めに興味がある工場の求人の応募条件をチェックすることがおすすめです。また、工場によっては、公式サイトなどに業務に必要な資格の種類について記載しているところもあるため、職場探しの際に積極的に各地の工場の事情を把握することが大切です。

雇用形態にかかわらず社員の人材育成に力を注いでいる工場の中には、採用後に資格取得を希望する人を対象とした業務研修や勉強会などを実施したり、資格試験の受験費用を負担したりしているところも少なくありません。そうした中、理想的な環境で派遣社員として働くうえで、派遣社員が正社員と同じような条件で活躍できる工場の取り組みを調べる必要があります。その他、派遣社員が採用時に求められる能力や経験については、それぞれの工場で主に製造している製品の種類によっても異なるため、就職面接の際に担当者に詳しく話を聞くことが大事です。