最初はアルバイトでも正社員登用制度がある求人もある

募集要項は要チェック

工場の求人に応募する際、何も考えずに応募すると後々後悔してしまうケースがあります。企業が複数のルートを使用して募集を掛けていることがあるからです。工場求人は主に企業が直接募集しているケースと、派遣会社を利用して募集を掛けているケースの2パターンが存在します。利用する派遣会社も1つとは限らず、企業によっては複数の派遣会社を利用していることも少なくありません。

採用されるまでのルートが複数存在することにより、働く場所は同じであるにもかかわらず、働く条件に違いが出てきます。たとえば直雇用であれば日給9000円、派遣会社Aを通すと時給1000円、派遣会社Bを通すと時給1500円といった具合です。もちろん採用ルートにかかわらず同じ条件の求人もあるかもしれませんが、条件に差がある求人は存在します。

条件の違いは給与だけではありません。手当もよく確認しておく必要があります。工場求人の場合、働く期間に定めのある期間工は、一定期間勤めると慰労金が出ることも多いです。しかし慰労金は直雇用にだけ用意されている場合がほとんどです。派遣会社を通した場合は慰労金なし、あったとしても派遣先の企業が用意したものではなく、派遣会社がミニボーナスといった形で支給するケースが多いのではないでしょうか。後々後悔しないためにも、募集要項はよく確認しておきましょう。

採用後の展望に違いがあることも

工場の求人はアルバイトや期間工であることが多いので、定職を求めている人はあまり工場の求人に魅力を感じないかもしれません。しかしアルバイトや期間工として採用されたとしても、正社員になれる可能性があります。正社員登用制度を採用している企業は募集要項にその旨を記載しているはずなので、見逃さないようにしっかりチェックしましょう。

ただ、採用ルートによっては正社員になれる可能性が限りなくゼロになってしまいます。どの採用ルートかと言うと、派遣会社を通した採用ルートです。派遣会社を通した採用ルートは直雇用よりも給与面で厚遇されていることが多いので魅力的に感じるかもしれません。しかし派遣会社を通すと、同じ場所で働いていたとしても所属はあくまでも派遣会社です。就業先には派遣会社から派遣されているに過ぎません。期間が満了すれば次の就業先を探すことになります。

直雇用だった場合は、正社員に登用される可能性があります。慰労金があるとは言え、給与面では派遣会社より低くなることも多く、短期的なスパンで見れば損をしていると感じるかもしれません。しかし安定を求めるならば、派遣会社を通すよりも直雇用で働いた方が賢いと言えます。ただ、期間工が正社員に登用される可能性は非常に低く、直雇用だからと言って必ず正社員になれるわけではない、ということはよく覚えておきましょう。